ナース転職の基礎知識

転職をお考えのあなたに

看護師求人の必要性


皆さんはこれまでに病院などでお世話になったことが何度か有ると思います。それは予防接種を受けに行く際もそうですし、また風邪や病気などで体調が優れなくなった際に診察してもらい、注射であるとか薬を処方してもらうなどして体の調子を回復させてゆきます。そしてこれらの医師の診察の際には多くは看護師の方などが寄り添いながら診察の手伝いや診察後の処置などを行なっています。これらの仕事は医師の診察を円滑に行い、多くの患者さんを待たせる事無く診察していく事に対して大きな役割を果たしていると思います。そしてこれらの仕事以外にも大きな病院になりますと入院病棟を併設している事が多くありまして、これらの入院している患者の方の点滴交換や薬の服用、そして医師との診察など様々な業務をこなして行く必要があります。また患者の容態が変わるといけませんので夜中にも交代で勤務しており24時間の体制で患者の容態をみているのです。この様に多くの仕事を持つ看護師の方は労働環境において大変であり、看護師求人の必要性が以前から言われていて求人は出しているのですが、人材を確保するために病院間で待遇面の改善などを図っています。看護師求人の必要性は大きな病院ばかりでなく個人の病院においても同様なのです。そして看護師求人の必要性が特に高いのは過疎地などで医師や看護師のもともといない地域でして、これらの場所においては患者は長い時間をかけて病院のある場所まで通っています。


売り手市場の看護師求人


 現在、看護師求人の現状は売り手市場にあると考えてよいでしょう。日本の多くの病院では看護師不足が常態化しているため、フィリピン、インドネシア人の看護師の受け入れが始まりましたが、2011年からはベトナム人の看護師の受け入れが始まっています。また、看護師の求人が全般的に多いところから判断しますと、看護師求人の現状はまさしく売り手市場にあるといえるのです。看護師の市場動向は、有効求人倍率が高止まりしている状況が続いています。このデータからしても、医療現場で看護師不足の状況が続いているといえます。他の職種では、決算語やボーナスの後に募集が多くなる傾向にあるのですが、看護師の場合は、1年を通して高い求人倍率を維持しています。厚生労働省が毎年発表している保健師と助産師、看護師の求人状況によりますと、ここ数年は2.3倍から2.6倍くらいの有効求人倍率となっています。このようなことからして、看護師求人の現状は、医療機関での看護師が足りない状況を如実にあらわしたものとなっています。看護師は病気や怪我をした人をケアすることができる専門家で、やりがいのある職業だといえます。最近は看護師がもっと働きやすくなるように、医療機関では看護師の職場環境を整える取り組みも行っています。医療機関では、短期間正職員制を導入してより働きやすくしたり、新人の看護師の教育にも力を入れたり、看護師のマネジメントにも力を入れるようになってきています。


様々な転職のきっかけと理由


ナース転職のきっかけになる事柄には、さまざまなことがあります。私自身は、ナースではないのですが、医療関係の仕事をしているので、同期入職者や友人にはナースがたくさんいます。ナースという職業は、非常に責任感の重い大変な職業です。ナースの仕事内容には、日々の検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、血糖値チェックだったり排便コントロール、患者さんや患者さんの家族を呼んでのカンファレンスなどに出席することもあり、その場で情報提供をしたり、患者さんがリハビリテーションがあるときやレントゲンや検査に行く時には車椅子送迎をしたりすることもありますし、カルテ記載や申し送りをしたり、患者さんの傷口の消毒だったり、処置もします。このようにナースの仕事内容は多岐に渡り、これらの仕事は入院している患者さんにとって、どれも重要なものばかりなので、どれかひとつが欠けても手抜きになっても患者さんにとって悪いことが起こるので、責任は重くストレスも大きいです。その上、ナースの勤務体系は非常に不規則です。このため体調を崩してしまうことがあり、それがナース転職のきっかけになることがあります。また、結婚がナース転職のきっかけになることがあります。どうしてもナースとして勤務をして、夜勤や早朝勤務があると夫婦で過ごせる時間が少なくなるので、奥さんになる人には短時間労働出来る場所に転職しとほしいという、ご主人の希望によることもあります。


専門性が高い仕事


ナーシングは専門性の高い、とても立派な職業です。私自身はナースでないので、ナース転職の特徴を自分の体験として語ることはできませんが、ナースの求人状況は他の職業に比べても、かなり比率が高いのがわかります。また、学生時代の友人にも、看護師の人間がいて、やはり転職経験者なので、話しを少し聞いているところによると、大学病院や中規模の病院、クリニックなど、勤め先によって働き方も大きく異なってくるそうです。まず、ナース転職の特徴として、先ほども上で述べているように、かなり売り手市場で、どこの病院もある程度の人数のナースの確保に、必要性を感じているそうです。特に、大学病院など卒業生を一定人数確保できる環境を除くと、入院できん規模の、夜勤・日勤などハードな病院の看護師不足はとても深刻だそうですし、私たち利用者にとっても、そのことはとても切実な問題ともいえます。医療従事者の不足は、即医療への不安につながることでもあり、相当人数の確保のためにも、私たち利用者も、コストの高騰を覚悟してでもなんとかしないといけません。また、クリニックなど、夜勤がなく、比較的スケジューリングが決まっている環境への転職が人気があるのも、ナース転職の特徴ともいえます。私の友人も、ナース一年目は卒業した大学の大学病院に就職し、しばらく勤めてから、4年目にクリニックに転職したそうですが、大学病院での様々な科での経験が今でも生きていると言っていました。


ナースの日々の業務


ナースという職業は、非常に責任感の重い大変な職業です。ナースの仕事内容には、日々の検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、食事介助や入浴介助や体拭きだったり、血糖値チェックだったり排便コントロール、患者さんや患者さんの家族を呼んでのカンファレンスなどに出席することもあり、その仕事内容は非常に多岐に渡ります。これらの仕事は、入院している患者さんにとって、どれも重要なものばかりなので、どれかひとつが欠けても、手抜きになっても患者さんにとって悪いことが起こるので、責任は重くストレスも大きいです。その上、ナースの勤務体系は非常に不規則です。患者さんはいつ救急車で運ばれてくるかわかりませんし、いつ入院している患者さんの容態が悪くなるかもわからないので、深夜でも早朝でも関係なく、ナースは24時間待機をしておかなくてはならないので、夜勤や準夜勤や日勤、早朝勤務など日によって勤務する時間はバラバラで、不規則な生活リズムになってしまいます。このため、ナース自身が体調を崩してしまうこともあり、これがナース転職のきっかけになる場合もあります。このほか、ナース転職のきっかけは、結婚のこともあります。どうしても夜勤があると、夫婦で過ごせる時間が少なくなるので、ご主人が転職してほしいと希望される場合も多いです。しかし、一番多いのは、結婚して妊娠や出産で子育て優先したいことがナース転職のきっかけとなるケースです。


現代におけるナース転職とは


ナース転職の重要ポイントとなる事が、給与であると言う事は言うまでも無い事かもしれませんが、もう一つのナース転職の重要ポイントとなる事が、勤務形態などに代表される労働条件です。近年ではナースを含めてた医療に携わる職業の人口が減少傾向にあるとされています。さらに、日本社会の高齢化が進んでいる事もあり、お年寄りの患者数が増加し、多くの病院やクリニックはパンク状態に近いと言われています。医療機関側の人手が減ることで、当然ナース一人に対しての負担は大きくなる事になります。病院として経営を優先させるあまり、人件費のコスト節約の名目でナースの数を増やす事をせず、現状のナースに対しての労働環境が厳しくなっているという事をよく耳にします。こうした事情もあり、より働きやすい環境へ転職をする、もしくは転職を考える人々が増えてきています。ナースとして転職をする際には、現在では転職を斡旋する公共機関や、インターネットの転職サイト、さらに最近ではナース専門の転職サイトも登場し、多くの人々に利用されています。こうしたサイトを有効に活用しつつ、自身でもしっかりと情報を集め、労働環境等を下調べしておく事が大切になります。ナース転職の重要ポイントとして労働状況や労働環境を挙げましたが、先に述べたように、多くの医療機関では厳しい条件であることは否定できません。理想的な環境で働くためにも、常にナース専門転職サイトなどをチェックし、労働環境の良い職場からの求人があるか確認するよう心がけましょう。


非公開求人とは


転職サポート企業におけるナース転職の特徴として、キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラー等と呼ばれる担当者が求職者の希望を把握することがあります。求職者の希望に沿って仕事を紹介することから、給与や休日などの条件交渉まで担当者がサポートするのです。また、履歴書や職務経歴書の書き方や面接における対応、職に就いてからの悩み事などもフォロー体制があります。ナース転職の特徴の一つに、好条件の案件は即座に決まるということがあります。転職活動においてはスピードがポイントなのです。求職者の希望条件を即日から数日以内に提案する転職サポート企業であれば、速やかに転職活動を行うことが可能です。転職活動というある意味でデリケートな活動を行うにあたって、プライバシーマークを取得し個人情報の取り扱いに注意を払っています。また、ナース転職の特徴には非公開求人があげられます。非公開求人は、比較的好条件である場合が多く応募が殺到することが考えられるために、不特定多数に公開することを避けている案件です。転職サポート企業は独自のネットワークを駆使することによって非公開求人を保持しています。転職サポート企業を利用する場合には個人情報を登録することが必要です。登録方法はインターネットや電話、訪問などさまざまです。基本的に無料でサポートを受けることができます。今すぐ転職を考えていない場合でも、登録を行うことによって随時求人情報が届きます。


ネットで始めるナース転職


インターネットの普及によって、ナース転職の比較をウェブサイトで閲覧できる様になりました。ナース転職の比較によって、転職活動に有利な情報を手に入れることが可能です。ナースの転職先は、医療施設や、企業内、介護老人施設や訪問看護、老人ホームなどさまざまです。ナース転職の比較を行うことによって、自分が今後転職したい業種や職種を比較して検討することが出来るのです。ナースの転職理由は人によってさまざまです。転職をサポートする企業を充分に活用することによって、自分一人では集めきれない転職にまつわる情報を手に入れることに繋がります。色々なサービスを賢く利用してより良い生活を送ることに繋げてみては如何でしょうか。ナースの求人には不特定多数には公開されることのない非公開求人も多々あります。非公開求人は好条件の案件となっている傾向にあります。また、サポート企業の担当者が自分の代わりに次の職場を探す為、自分自身は現在の職場で働きながら次の職場を探すことも可能です。勤務条件については担当者が自分の代わりに交渉を行うこともあります。また、担当者は仕事にまつわる悩み事の相談にも乗る場合が一般的です。時には託児所の紹介なども行います。仕事について不安な点や気になる点などを気軽に相談できる相手を見つけられるということは、転職活動において有利であると言えます。また、場合によっては転職後の相談も受け付けていることがあります。


履歴書と職務経歴書の書き方


ナース転職の基礎知識として、履歴書と職務履歴書の書き方について教えていきたいと思います。履歴書は、基本的に丁寧に書いていけば問題ないかと思います。勿論、志望動機などの内容については、ちゃんと考えるべきですが、まずは、内容は後に置いておいて、綺麗で見やすい履歴書というのを作成しましょう。最近では、パソコンで履歴書を作成して、プリンターで印刷すればできてしまいますので、パソコンを利用して履歴書を作成できる人は活用しましょう。パソコンですと、保存も容易ですし、下書きも簡単にできますので、一々履歴書を買ってこなくて良いので良いかと思います。手書きでやる場合には、楷書で書くことを心がけましょう、変に崩して書くのは駄目です。これはナース転職の基礎知識というだけでなく、転職をする方全般に言える事かと思います。職務履歴書も当然、見やすい物を心がけましょう。自己PRは長たらしく書かないで、要点を抑えて書きましょう。具体的な事柄というのは、面接で話す事ですので、人事の担当の方が、見やすくてわかりやすい様に、箇条書きにするのも良いかと思います。色々な経歴を持っている方は、ちゃんと経歴は記入しましょう。その時に、簡素に書くだけで無く、具体的な配属先なども書いておくと、人事担当の方にもわかりやすいですし、興味を持ってもらえるかもしれないですので、書いておきましょう。ちょっとした事ですが、ナース転職の基礎知識として役立てて欲しいです。