ナース転職の基礎知識

転職をお考えのあなたに

ナースの日々の業務


ナースという職業は、非常に責任感の重い大変な職業です。ナースの仕事内容には、日々の検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、食事介助や入浴介助や体拭きだったり、血糖値チェックだったり排便コントロール、患者さんや患者さんの家族を呼んでのカンファレンスなどに出席することもあり、その仕事内容は非常に多岐に渡ります。これらの仕事は、入院している患者さんにとって、どれも重要なものばかりなので、どれかひとつが欠けても、手抜きになっても患者さんにとって悪いことが起こるので、責任は重くストレスも大きいです。その上、ナースの勤務体系は非常に不規則です。患者さんはいつ救急車で運ばれてくるかわかりませんし、いつ入院している患者さんの容態が悪くなるかもわからないので、深夜でも早朝でも関係なく、ナースは24時間待機をしておかなくてはならないので、夜勤や準夜勤や日勤、早朝勤務など日によって勤務する時間はバラバラで、不規則な生活リズムになってしまいます。このため、ナース自身が体調を崩してしまうこともあり、これがナース転職のきっかけになる場合もあります。このほか、ナース転職のきっかけは、結婚のこともあります。どうしても夜勤があると、夫婦で過ごせる時間が少なくなるので、ご主人が転職してほしいと希望される場合も多いです。しかし、一番多いのは、結婚して妊娠や出産で子育て優先したいことがナース転職のきっかけとなるケースです。


コメントを受け付けておりません。